求人情報は嘘八百

求人情報が嘘か本当のどちらなのか迷う様子

求人情報はなぜ実際と違う事が多いのか

求人情報は人材として採用してもらうための第一歩としてチェックされるものですが、そこで記載されている情報が実際のものと違うというのは時折見られます。
あらゆる企業がそういった形にしているわけではないにせよ、働き先を探して求人情報を見ているのに、その情報と実態が異なるとなれば情報としての価値すら疑われてしまうでしょう。
ではどうして求人情報と実際の勤務の内容が異なることが多いのかというと、まず理由となり得るのは求人情報として出せる情報の限界です。
その会社に採用されたとして何をするのかという業務内容などについて、詳細に説明するにはそれなりの文章を必要とすることがあります。
しかし情報として出せるのは、掲載媒体の上限の範囲内ですから、本来であれば伝えるはずの情報が掲載できなかったということもあるでしょう。
この点については実際に電話をしたり、面接を受けた際などに確認をすることが必要です。
また別の理由としては、あまり良いことではありませんが伝えると採用が出来なくなる情報があるということも挙げられます。
例えば求人を出している会社が、業務にあたる人員が不足していて採用を行っているとすれば、採用した人に対しても残業を求めることがあり得るでしょう。
しかし「残業が毎月100時間あります」と書いてしまうと求人に応募してきてくれる人すらいなくなる可能性がありますから、そうした点については敢えて明言せず、情報として開示しているわけです。
ただ最近では、こうした求人情報と実際の業務内容が違うということに対しては厳しい目が向けられるようになってきています。
国としても規制をする動きが出ていますから、今後は改善されていくこともあり得るでしょう。

求人情報を得るにはネットにある媒体が一番いい理由

求人情報を載せている媒体はたくさんあるため、どれを利用すればよいのか迷う方も多いです。
もちろん、基本的にどれを使っても情報を得ることができるため、気にしなくても良いです。
しかし、あえてどれが良いのかを上げるとするならば、ネットにある媒体が一番であるといえます。
その理由は、情報が常時更新されて新しいため、その時々に合った求人を探しやすいというメリットがあります。
紙の媒体の場合、情報の掲出を依頼してから印刷されてそれが人の手に渡るまでにタイムラグが生じます。
何らかの理由で仕事の募集をやめる事態もあり得ますし。早い段階で人が埋まってしまっていることもあります。
そういった時に、自分が仕事の応募をしても時間の無駄であることになります。
その点、ネットにある媒体であれば情報が新しいため、仕事の募集が終わっていれば情報が削除されます。
そのため、無駄な情報に接する機会はなくなります。
また、情報の検索のしやすさという点でも優れています。
インターネットのサイトでは、条件を絞り込んで希望の仕事だけを見ることができる仕組みになっています。
紙の媒体でも、ある程度はカテゴリー別に分かれていますが、限界があります。
その点、インターネットの媒体であれば、条件を一つだけでなくいくつも指定することで、自分が希望しているものだけに絞り込めます。
それは、絶対に紙ではできません。
そのため、求人情報を得るにはネットにある媒体が一番いいといえます。
ただし、中には例外もありますので、結局はきちんと募集先に確かめる必要があるでしょう。
しかしそう考えても、やはり手間暇を削除できるという点において、ネットの媒体上に優れているものはありません。

女性は採用しないことをなぜ求人情報には載せないのか

求人には、現在応募に関して男女の性別の記載は許されていないのが現状です。
これは原則的なあつかいですが、この性別の記載をしないことは、男女雇用機会均等法に基づくものなので、男性のみであると女性のみであるとかの記載は現実許されていないです。
しかしながら、実際に応募しても女性は採用してもらえないケースも多い職業もあります。
たとえば営業に関して、企業は絶対に男性でないと絶対にだめとまでいかなくても、採否に関して男性を採用してしまう傾向があります。
その逆もあり、例えば男性が一般事務の応募をしても採用に結び付かないことが多いです。
ですので、実際に応募に関して、その職種をよくみて性別で応募しても採用してもらえるかどうかの判断が必要になってきます。
この男女雇用機会均等法は現実本音と建て前の部分があり、問題なのですが男女雇用機会均等法の趣旨が、性別にかかわりなく雇用機会は差別されてはならないとのものなので法律できまっていることなので従わざるをえないです。
この性別を求人に記載できないのでと同じなのが原則年齢不問でこれも雇用対策法できまっていることです。
しかしこれらの法律事項にも職種によっては例外は若干あります。
それは習俗上女性でないとつけない仕事、例えば神社の巫女であるとか、労働基準法で女性の健康上の保護から禁止されている職種については、性別に記載が可能となっていますがそれほど例外がでる件数はすくないのが現実です。
それゆえに実際に求人をみて、職種や給与の体系がよりどちらの性別の応募者を求めているのか判断して応募したほうがいいですし、実質採用に結び付かない応募をしても徒労に終わることもあります。
男女雇用機会均等法は雇用のチャンスを均等に与えるということで採用選考の上で合理的に男性を採用したのであれば、法律上問題がないということです。